もうひと花咲かせたいアラフィフ女性の3つの心理とは?

yucca
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
yucca
田舎暮らしの2娘のママ。アラフォー結婚して妻となり高齢出産で母になり、子育てやパートナーシップで悩み、夫婦再構築しながら心理学を学び、様々な経験をしたことで、自分らしく女性としての輝きも大切に欲張りに生きる女性を応援するために起業。 21年来のおうちサロンの経験から、アラィフからも美しくなれること、自分磨きで自分を美く麗しくする自分女優化プロデューサー。

もうひと花咲かせたいと思うアラフィフ女性には5つの心理があります。

アラフィフとなれば50代の周りのお年頃・・・

女性として、一通りのミッションを終えて、もう一度一人の女性として自分と向き合う頃ですよね。

 

女性として生まれてきて、様々な経験をしてきた中で、

大きな達成感を味わった記憶はいくつあるでしょうか?

学生の頃? 社会人になってから?

結婚してから? ママになってから?

 

いくつか思い当たっても、

「まだあるのではないか?」

と思う気持ちを止められないあなたは、

これから”もう一花咲かせる” ことができる女性なのです。

 

自分の人生を終える頃に振り返った時、今のあなたがどう映るでしょうか?

 

まだまだ、若いのになぜやらなかったのか!!

なんて後悔しないようにしたいですよね。

 

こちらでは、もうひと花咲かせたいと思うアラフィフ女性の5つの心理をお伝えします。あなたの奥底にある気持ちに響くものがあるか気にしながら読んでみてくださいね。

 

 

1 アラフィフは人生のどのあたり?

もうひと花咲かせたいと思うアラフィフ女性の心理は少し複雑です。

20代後半頃に、アラフォーという言葉が流行ったかと思えば、まだ20代なのにアラサーと30代のように括られて、ちょっと不愉快な思いをした方も多いのでは?

四捨五入されるせいで、年上の世代扱いをされてしまっていたことで、モヤモヤとした方がいる一方で、次の世代になる前に、今の現状から飛躍したいとコツコツ積み重ねて結果を出せた人もいます。

その違いは、人生の捉え方にあります。

いくら寿命が長くなっても、体力的にも限界があります。

アラフィフという年代は、ちょうど人生の真ん中になりますが、あなたの感覚はどうでしょう?

人生の折り返し地点だと思うのか?

それとも、人生まだまだ半分だと思うのか?

ここは、心の奥底にある気持ちを引っ張り出して

正直に答えてみてください。

人生の折り返し地点だと思っている方は、本当に折り返して惰性で老後へ進んでいくかもしれません。

人生まだまだ半分だと思った方は、これからまだ新しいことに挑戦したい気持ちがチラついているのではないでしょうか?

あなたの人生は、あなただけのものです。

今をどう生きるか?これからどう生きたいのか?

自分自身と向き合う時間をとることも大切です。

今まで頑張ったご褒美として、憧れの行ってみたいカフェで、好きな飲み物で素敵なティータイムを過ごしながらゆっくり考えてみてくださいね。

 

2 仕事でもう一花咲かせたい

 

アラフィフ女性が仕事でもうひと花咲かせたいと思う心理とは、ズバリ管理職や起業で成功すること。

アラフィフ世代は、バブルが弾けた後の就職氷河期と言われる大変厳しい時代に就職をしています。

男女雇用機会均等法により、女性の働き方改革が浸透し始め、結婚して退職するという女性が減り、結婚しても出産しても職場に復帰するのが当たり前の時代になりました。

女性管理職も多く、最近では特に個人事業主として起業する方も増えましたよね。

働き方も変わる世の中で、今までの経験が活かされてビジネスになることも。

アラフィフの今だからこそ、あなたにできることがあります。

あなたでなければできないこともあるのです。

「気づいてないのは自分だけ」

ということもよくあるので、今一度、考えてみてくださいね。

3 女性としてもう一花咲かせたい

アラフィフ女性が女性としてもうひと花咲かせたいと思うのは、女性として生まれたからには、当然のことですよね。

 

若い頃は、キレイなのは当たり前でも、歳を重ねるごとに「キレイ」と言われることが減ったと感じている方も多いのでは?

これも当然といえば当然なのかもしれませんが、若いだけが女性の美しさではないのです。

最近思うのは、その年代ならではの美しさを持つことが大切だということ。

 

アラフィフは特に、お肌も髪も容姿のお悩みが一気に増えます。

あなたも、鏡や写真に写る自分を見て、ゾッとする経験を何度かされたことがあるのではありませんか?

その姿を自覚することで、

「自分はどうなりたいか?」

「どうありたいか?」

理想の姿が浮かんだはずです。

あなたが理想とする姿になるために、行動しましょう。

何もしなければ老化一直線。

少しづつでも、理想に近づく行動をすることで理想のあなたになれるのです。

 

まとめ

 

もうひと花咲かせたいと思うアラフィフ女性の3つの心理はいかがでしたか?

アラフィフになったことで、「もう50歳かぁ」と凹むのも、

「もうすぐ50歳」とワクワクするのも、あなたの心次第なのです。

その心ひとつで、人生が如何様にも変わることができてしまうとしたら、あなたはどうしますか?

 

あなたの大切な人生です。

あなたの思うように、欲張りなくらいに思いっきり過ごすことができたら素晴らしい人生ですよね。

アラフィフは、まだまだ半分!!

 

あと半分もある人生をどんなふうに生きるのか?

今一度、自分のことを思う存分わがままに心を解放してみてください。

 

きっと、「もう一花咲かせたい」と思っていたことがいくつか溢れてくるはずです。

その花を、どんなふうに咲かせるのか?

いつ咲かせるのか?

楽しく計画することで、現実にもう一花咲かせることができます。

 

どんなお花なのか?

お花が咲いたら、ぜひ教えてくださいね。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
yucca
田舎暮らしの2娘のママ。アラフォー結婚して妻となり高齢出産で母になり、子育てやパートナーシップで悩み、夫婦再構築しながら心理学を学び、様々な経験をしたことで、自分らしく女性としての輝きも大切に欲張りに生きる女性を応援するために起業。 21年来のおうちサロンの経験から、アラィフからも美しくなれること、自分磨きで自分を美く麗しくする自分女優化プロデューサー。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© , 2022 All Rights Reserved.