アラフィフの生き方を魅力的にする自分史を作る3つの真意とは?

yucca
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
yucca
田舎暮らしの2娘のママ。アラフォー結婚して妻となり高齢出産で母になり、子育てやパートナーシップで悩み、夫婦再構築しながら心理学を学び、様々な経験をしたことで、自分らしく女性としての輝きも大切に欲張りに生きる女性を応援するために起業。 21年来のおうちサロンの経験から、アラィフからも美しくなれること、自分磨きで自分を美く麗しくする自分女優化プロデューサー。

アラフィフの生き方を魅力的にする自分史を作るためには3つ真意があります。

 

若い頃、「社会人になったらあんなことをして、こんなふうになって…」と、未来に胸をふくらませていたあの頃、

未来予想図に描いたものと今の現実はどうでしょうか?

 

実際に働き始めたり、結婚して環境も変わると、とにかく

毎日の生活に追われて精いっぱいだったという女性も多いことでしょう。

そのまま怒涛のように、30代、40代を駆け抜けてきて、

ふと自分の人生を振り返るのが50代。

 

そんな今こそ、改めて今まで、そして

これからの人生を

見つめ直してみると作ってみたくなるのが自分史です。

 

最近では、素敵な自分史が作れるノートや本も出版されていた利して、

自分だけの世界へ没頭できて人気です。

これまで生きてきた歴史を、振り返りまとめていくことで、

今後の人生にステキな花を添えることができます。

 

こちらでは、アラフィフの生き方を魅力的にする自分史として作りたくなる真意についてお伝えします。

 

1 第2の人生

アラフィフの生き方を魅力的にする自分史を作りたくなる真意は、

なんと言っても第2の人生を意識するからです。

 

アラフィフともなれば、子供たちも手を離れてくる頃ですよね。

また、30代40代と仕事中心で生きてきたという方も、

定年後がリアルに感じられてくるのが、

アラフィフという時期かもしれません。

 

そんな時こそ、今までの人生を振り返ったり、

これからの生き方を考えて悩んでしまう人も多いでしょう。

 

まさに、アラフィフは、人生の第二の節目といえる時期なのです。

「これから自分がどんな生き方をしていきたいのか」

「どんな生活を送りたいのか」を

真剣に考えておく必要があります。

そんな時こそ、自分史を作ることがオススメなのです。

過去から現在へつなぐことで、

忘れていたことや新たに気づくことで

あなた自身の未来をより良いものにできるのです。

 

2 後悔したくない

アラフィフの生き方を魅力的にする自分史を作りたくなる真意は、

後悔したくないから。

50代の女性ともなれば、数々の修羅場をくぐりぬけ、我慢の連続、

酸いも甘いもすっかり噛み分けた方が多いことでしょう。

 

今の50代女性が若かったころは、昭和から平成へ変わっても

まだまだ男性優位が当たり前の社会でした。

戻れるものなら戻りたい!やり直したい!

なんて思っても不可能ならば、

せめて後悔しない方法を考えましょう。

 

「自分は自分!これでいいんだ」と、

自分の生き方を肯定してあげることで

気持ちがスッとラクになるのです。

 

なので、自分史を作りながら

モヤモヤしていた気持ちを、書き換えてあげることは

とても大切なことなのです。

これからの人生に、モヤモヤを引きずらないために書き換えましょう。

 

3 幸福感

アラフィフの生き方を魅力的にする自分史を作りたくなる真意は、

幸福感を求めること。

 

アメリカの研究では、何十年にもわたる追跡調査の結果、

50代60代でもっとも幸福を感じている人と言うのは、

経済的に豊かな人でもなければ、

誰もがうらやむような地位に昇りつめた人ではなく、

良好な人間関係を築いている人

ということが、明らかになったという結果があります。

 

これは、友人の数や、結婚しているかどうかに関わらず、

あくまでも身近に、信頼できる親しい人がいるかどうかで決まる

ということです。

 

ですから、いくら長年連れ添ったパートナーがいたとしても、

お互い信頼関係がなければその関係性は不幸なものですし、

いくらたくさんの人に囲まれていたとしても、

心の底から信頼できる友人がいなければ、

人が本当の幸福を感じることはできない

という調査結果が出ていいます。

その幸福感を確認する意味でも、

自分史を作ることで改めて自分自身のことが分かりやすくなるのです。

 

 

まとめ

アラフィフの生き方を魅力的にするために自分史を作る

3つの真意はいかがでしたか?

 

自分のために使える、自由な時間が増えるのが50代。

 

その節目に、今までの自分の人生を振り返って、

若い頃想像していたような生き方をしてきたか、

そしてこれからどうなっていきたいか、

じっくり振り返り、考えてみましょう。

 

「もう若くないし」「私にはとても無理」

なんてネガティブな考えはこの際全部捨ててしまって、

 

これからは自分のために、自分が楽しいと思えることだけを

心がけて生きてみましょう。

ここは、思い切りが大切です。

 

そして、欲張りなくらいの気持ちを出すこと。

 

もちろん、お金や健康についてしっかりと考え、

行動することも忘れないでくださいね。

 

そうすれば、今まで以上に素敵な毎日が送れるあなたになれるのです。

あなたの人生は、あなたのもの。

 

あなたが今までの自分史を作り完成させることで、

あなたのこれからの人生がより一層豊かなものになるのです。

 

まずは、お気に入りのペンで、今までのことを細かく詳しく

書き出してみてください。

大体の流れが掴めてきたら、自分史を書くための素敵なノートを

買いに出かけましょう。

少しおしゃれして、憧れのカフェでノートを開いて

作家になった気分で、1ページ目だけ記入してください。

 

書くたびに、その日を思い出して笑みが溢れるような

そんな時間をたくさん過ごしてください。

 

その時間の積み重ねも、次の人生へのステップになるのです。

あなたの自分史がベストセラーになる日を楽しみにしています。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
yucca
田舎暮らしの2娘のママ。アラフォー結婚して妻となり高齢出産で母になり、子育てやパートナーシップで悩み、夫婦再構築しながら心理学を学び、様々な経験をしたことで、自分らしく女性としての輝きも大切に欲張りに生きる女性を応援するために起業。 21年来のおうちサロンの経験から、アラィフからも美しくなれること、自分磨きで自分を美く麗しくする自分女優化プロデューサー。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© , 2022 All Rights Reserved.