愛され方がわからない人の4つの特徴とは? 

yucca
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
yucca
田舎暮らしの2娘のママ。アラフォー結婚して妻となり高齢出産で母になり、子育てやパートナーシップで悩み、夫婦再構築しながら心理学を学び、様々な経験をしたことで、自分らしく女性としての輝きも大切に欲張りに生きる女性を応援するために起業。 21年来のおうちサロンの経験から、アラィフからも美しくなれること、自分磨きで自分を美く麗しくする自分女優化プロデューサー。

愛され方がわからない人には特徴があります。

「愛されたい」という気持ちは、ものすごく強いのに、自分が愛されているのかわからない人は意外と多いものです。

その理由は、様々ですが、今まで生きてきた環境や生活からの影響や個人の性格が大きく影響します。

「愛されたい」という気持ちを満たして愛されるためには、どうしたら良いのか?

愛され方を理解して、さらに愛される生き方はとても素敵ですよね。

そのためには、「愛され方がわからない」ということを知ることが大切です。

こちらでは、愛され方がわからない人の4つの特徴についてお伝えします。

 

愛され方がわからない人の特徴①独自の自己中なものさしで測る

愛され方がわからない人の特徴は、独自の自己中なものさしで測る。

皆さんも自分自身の基準の「ものさし」がありますよね。

育った環境や、常識的なこと、自分の中で「これはこうでなきゃ」と思っていること。

それは恋愛するときも同じで、「好きだったら普通は、こうするよね。」
「私は、こうするのに」といった思考・概念がありますよね。

だからと言って、自分の”独自のものさし”と比べて、もし異性がそのような行動ではないときに、簡単に「私は(彼から)愛されてない」という思考に陥りがちです。

背中を押されてもいないのに、勝手に落とし穴に落ちる・・・

かなりめんどくさい悲劇のヒロインタイプ・・・

私は、昔から自己肯定感が低過ぎる他人軸で、”独自のものさし”もかなり小さめだったことで、ことあるごとに「私は(彼から)愛されてない」に陥る人でした(苦笑)

「私だったらこうするのに」とか、憧れのドラマやマンガのようにロマンチックなことが当たり前に起こると思っていたから。

どんなに忙しくても、なんとかして都合をつけて、私に会いにきてくれるのが愛されてること、「私を最優先してくれることが愛」だと勝手に思い込んで、自分は相手にもそうしていた。

だから、「私はこんなにしてあげてるのに!」とイライラする時間を過ごしていた。

相手を優先し過ぎて、自分を疲れさせてしまっていたのです。

自分の軸を持つことは大切だけど、自分のものさしと勘違いしないでくださいね。

 

愛され方がわからない人の特徴②自己肯定感が低い

愛され方がわからない人の特徴は、自己肯定感が低い。

 

 自己肯定感とは、そのままの自分を受け入れることで自分の存在や価値を感じることです。

「愛され方がわからない人」は、自分に自信がないが故に自己肯定感も低い傾向があります。

ありのままの自分を受け入れることが出来ないので、自分の存在や価値に疑問を持ってしまいます。

自分自身で受け入れることが難しいので、誰かに自分を愛してもうことで他の人に受け入れてもらおう、認めてもらおうという心理が働くのです。

そんな状態なので、愛され方がそもそもわからないのです。

その前に、自分を自分で満たすこと。

あなたの存在は、そのまま、あるがままで十分素晴らしいのです。

今のあなた自身を大切にしてくださいね。

愛され方がわからない人の特徴③自尊心が低い

愛され方がわからない人の特徴は、自尊心が低い。

 

自尊心とは、自分で自分を認め、他からの干渉を受けないで品位を保ち誇らしく思い尊ぶ心。

自尊心が欠けている状態での恋愛は、自分を愛することができないからこそ他人に愛されることで自分自身の存在を認めようとしているのでしょう。

自尊心が低く自分はダメな人間だと思い込んでいる事が多いです。

自分で自分を否定してしまうと、存在価値を見いだせなくなってしまいます。

昭和時代に小学生だった人たちは特に、幼少の頃から、他人と比べられたり、ダメだと言われ続けて育った傾向があり、このような状態になりやすいのです。

素直に受け取り、思い込みが激しい性格だとさらに悪影響しています。

 

でも他人に愛されていれば、それだけで「生きてて良いんだ」と思える心理。

「自分は愛されているのか?」「私なんか愛される価値があるのか?」と、常に心の中の自分と繰り返して、なかなか自分のことを認められないで、自分のことも愛することができないままです。

今のあなたを、他の誰かと比べたりしないでください。

あなたの存在をただ認めるだけで良いのです。

あなたのことをあなたが愛すること、あなたが大切にすること。

ただ、それだけで良いのです。

 

愛され方がわからない人の特徴④依存体質

愛され方がわからない人の特徴は、依存体質です。

 

人に依存してしまうと、その人がいないというだけで精神がボロボロになってしまうのでよくありませんよね。

恋人に依存しがちな人は、人に依存しないことを意識してください。

依存体質を治すのは、なかなか大変なことかもしれませんが、依存体質が治るとそれだけで生きていくのがとっても楽になれます。

恋人がいても、一緒にいない時間をお互いに過ごしているだけで愛されているのか不安になったってしまうことはありますか?

いちいち「孤独」を感じて、「愛されたい症候群」を発症してしまうなんてあなたの大切な時間がもったいないです。

一人の時に一人でも楽しめる趣味をみつけたり、考え方を変えてみたりして依存体質を克服しましょう!!!

まとめ

愛され方がわからない人の4つの特徴はいかがでしたか?

愛され方も人それぞれではありますが、ここにあげた愛され方がわからない人の4つの特徴に当てはまるものはありましたか?

そこに気づくことで、この先の未来の愛され方が変わるのです。

あなた自身をあなたが大切にしてくださいね。

もっともっと愛されるために。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
yucca
田舎暮らしの2娘のママ。アラフォー結婚して妻となり高齢出産で母になり、子育てやパートナーシップで悩み、夫婦再構築しながら心理学を学び、様々な経験をしたことで、自分らしく女性としての輝きも大切に欲張りに生きる女性を応援するために起業。 21年来のおうちサロンの経験から、アラィフからも美しくなれること、自分磨きで自分を美く麗しくする自分女優化プロデューサー。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.